グローバルエイジング・グローバルヘルスが移民・外国人労働者問題に及ぼす政策インプリケーション

「グローバルエイジング・グローバルヘルスが移民・外国人労働者問題に及ぼす政策インプリケーション~移民・外国人労働者をより良く受け入れるために・日米ケース~」を発行しました

概要

グローバルエイジング・グローバルヘルスが移民・外国人労働者問題に及ぼす政策インプリケーション

本政策レポートは、国際交流基金日米センター(CGP)の助成による、グローバル政策イニシアティブ(GPI)の研究プロジェクト事業「グローバルヘルス&グローバルエイジングと移民問題」に基づき、日米におけるマクロ・ミクロ各領域の異なる専門分野の研究者・実務家が結集して策定したものです。

本レポートでは、本研究プロジェクトを踏まえて、世界で最も深刻な高齢化に直面している日本に向けて以下を含む政策提言を掲げています(詳細は、レポート本文を参照ください)。

  • 日本社会の針路: 日本の高齢化と「グローバルエイジング」の両方の視点を踏まえると共に、グローバルな社会・経済・環境上の変化(資源の限界等)についても斟酌し、今後の日本の高齢化社会の方向性、その中の移民・外国人労働者の位置づけを明確にすることが不可欠である。
  • 日本の今後の移民政策に関して、政策論議を継続的に実施し、建設的な移民政策形成プロセスのメカニズムを構築する必要がある。論議の中では、移民、外国人労働者側の社会条件、特に1)公衆衛生・医療、2)労働環境、3)教育環境、4)国境を越えた労働者のための公正に関わる問題を中心に議論し、それら政策の方向性を明明確にすることが重要である。
  • 複雑な本課題に関わる知識マネジメントの発展には、 多分野における知識・経験の積み重ねが必要となる。

この報告書の作成中、2011年3月11日には、日本社会にとって大きな節目ともなり得る東日本大震災が起きました。多くの失われた人の命に対し、また被災地で現在も苦しまれている人に対して、私たちができることは、希望を絶やすことなく、日本社会の未来のためにできることを一つずつやり続けることと考えています。今こそ日本社会の針路を問い直すときでもあり、この報告書が少しでもその政策議論に役立てていただけることを願っています。

Full Text(PDF)

第一部

第一部PDFファイル(約1.24MB)

  • 謝辞(Acknowledgement)
  • 全目次
  • 日本語全文
第二部

第二部PDFファイル(約1.54MB)

  • English Version
  • Authors(執筆者)
  • Project Participants(プロジェクト参画者)/What is GPI (GPIとは)

目次

エグゼクティブ・サマリー

政策提言(日本向け)

Ⅰ. 序章

1章:グローバルエイジング・グローバルヘルスと移民・外国人労働者問題との連関性
清水 美香

Ⅱ. 米国の教訓から日本へのインプリケーション

2章:21 世紀の日米における高齢化および移民の課題
(Challenges of Aging and Immigration in the United States and Japan in the 21st Century)
Michael McDonald

3章:米国における海外生まれの直接介護労働者: 日本への教訓
(Foreign-Born Direct Care Workers In The United States: Lessons for Japan)
Robyn Stone

Ⅲ. 日米政策および実践比較

4章:移民・外国人医療における日米政策比較―グローバルヘルスの視点から―
清水 美香

5章:外国人高齢者介護施設労働者の労働・住環境における日米比較
―グローバルエイジングと労働人口移動の視点から―
清田 英己

6章:移民・外国人労働者児童の教育保障: 日米比較研究
上岡 直子

Ⅳ. 日本、米国それぞれの経験から

7章:外国人住民に対する日本語教育のための政策試論
江原 裕美

8章:ヘルスケア分野におけるソマリア人:増加するソマリア人に対するより良い理解を求めて(要約)
(Somalis in Healthcare: Attaining a Better Understanding of a Growing Population)
Christine Kitchens

English Version

Authors(執筆者)

Project Participants(プロジェクト参画者)/ What is GPI(GPIとは)

Contents

Executive Summary

Policy Recommendations

I. Introduction

Chapter 1: Nexus of Global Aging, Global Health and Immigrants/Foreign Workers
Mika Shimizu,Ph.D.

II. Lessons from the United States: Implications for Japan

Chapter 2: Challenges of Aging and Immigration in the United States and Japan in the 21st Century
Michael McDonald, Dr. P.H.

Chapter 3: Foreign-Born Direct Care Workers in the United States:
Lessons for Japan
Robyn Stone, Dr. P.H.

III. Comparative Policies and Practices: Japan and the United States

Chapter 4: Comparative Health Policies for Immigrants and Foreign Workers in Japan and the United States: From Global Health Perspective
Mika Shimizu, Ph.D.

Chapter 5: Foreign-Born Elder Care Workers: Understanding Their Work and Living Environments
Emi Kiyota, Ph.D.

Chapter 6: Assuring Basic Education for Migrants and Foreign Workers’Children Comparative Study – The United States and Japan
Naoko Kamioka

IV.Experiences in Japan and the United States

Chapter 7: Japanese Language Education for New Alien Residents in Japan
Hiromi Ehara

Chapter 8: Somalis in Healthcare: Attaining a Better Understanding of a Growing Population
Christine Kitchens

Authors

Project Participants/What is GPI

2011-06-27 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ