中嶋 圭介 NAKASHIMA, Keisuke

略歴

兵庫県豊岡市(旧・城崎郡日高町)生まれ、米国ワシントンDC在住。神戸市外国語大学英米学科卒、マックスウェル行政大学院(シラキュース大学)国際関係学修士。2002年、CSIS戦略国際問題研究所・世界高齢化研究部に研修生として入所。2003年より同研究助手、2004年より同研究員、2009年 1月より同部長補佐兼主任研究員(現職)。専門は、世界的高齢化が財政、経済、労働や資本市場、国際関係などに与える影響分析と政策提言。主に東アジア地域を担当。共著にChina’s Long March to Retirement Reform: The Graying of the Middle Kingdom Revisited (CSIS/Prudential, 2009, 英・中国語)、”Meeting Japan’s Aging Challenge” (2008)、The Aging of Korea: Demographics and Retirement Policy in the Land of the Morning Calm (CSIS/MetLife, 2007, 英・韓国語) など。本業の傍ら、日米の公共政策の研究者・実務家のネットワークを主宰。政策海外ネットワーク(PRANJ)代表、グローバル政策イニシアティブ(GPI)共同ディレクター、ヤングライオンズ副代表を兼務。

2009-09-27 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ