鈴木 崇弘 SUZUKI, Takahiro

略歴

城西国際大学大学院人文科学研究科国際アドミニストレーション専攻客員教授。宇都宮市生まれ。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院等に留学(政治学・未来学専攻修士号取得)。総合研究開発機構、日本国際フォーラム、笹川平和財団、日本財団勤務、東京財団研究事業部長、(社)アジアフォーラム・ジャパン上席研究員、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自由民主党党改革実行本部シンクタンク準備室長、有限責任中間法人「シンクタンク2005・日本」理事・事務局長などを経て現職。91年―93年まで アーバン・インスティテュート(米国)アジャンクト・フェロー。現在中央大学大学院公共政策研究科客員教授や法政大学大学院兼任講師、朝日新聞WEBRONZAのレギュラー論者等も務める。 主な著書・訳書に『できる総理大臣のつくり方』『日本に「民主主義」を起業する…自伝的シンクタンク論』、『世界のシンク・タンク』『政策形成と日本型シンクタンク』『政策形成の創出』“A Japanese Think Tank”(ともに共編著)、『政策科学の新展開』『ハンドブック 市民の道具箱』(分担執筆)、『日本再生のトータルプラン』(分担執筆)、『政策形成』(分担執筆、小池洋次氏編集)、『シチズン・リテラシー・・・社会をよりよくするために私たちにできること』(編著)、『できる総理大臣のつくり方』(共編著)、『アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法』(監訳および共訳)など。専門および関心分野は、民主主義の起業、政策インフラの構築、新たなる社会を創出していける人材の育成さらに教育や統治における新システムの構築。

著作物等

  • 「政治や行政だけに頼らない復興支援「東日本に勇気と希望を」プロジェクトという試み」 『現代ビジネス』2011年8月10日
  • 「第9章 政策人材を育てる政策と学界」『政策形成(BASIC公共政策学 第10巻)』に収録(小池洋次氏編集) ミネルヴァ書房 2010年9月
  • 「あえて危機が叫ばれる中で『希望の国の日本へ』」WEBRONZA 2010年9月17日
  • 「イシューとしてのグローバル・エイジングと日本(グローバル・イシューレポートNo.3)」株式会社電通パブリックリレーションズ 2010年9月
  • 「菅さん、小泉純一郎とケネディーに学び、そしてゴルビーたれ!」WEBRONZA 2010年9月7日
  • 「民主党代表選の『候補者評価表』―メイキング・オブ・総理大臣の観点から」WEBRONZA 2010年9月1日
  • 民主党政権の混乱は必然だった」朝日新聞(GLOBE面) 2010年8月16日号
  • 「新議員会館は本当にゼイタク?」WEBRONZA 2010年8月12日
  • 「世論調査は本当に害悪か?」WEBRONZA 2010年7月23日
  • 「遂に55年体制の最終ステージ――これから起きること」WEBRONZA 2010年7月12日
  • 「参院選、若者の声は政治に届くのか」WEBRONZA 2010年6月28日
  • 「菅さん、ゴルバチョフになってください!」WEBRONZA 2010年6月24日
  • 「対談 政策決定とシンクタンクの役割」G-sec Newsletter No.19 2010年4月1日

2009-09-27 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ