池上 雅子 Ikegami, Masako

略歴

東京都生まれ。ストックホルム大学政治学部教授、同大学アジア太平洋研究所(CPAS)所長(2001-2008)。国際基督教大学教養学部卒業後、東京大学大学院人文社会系研究科で社会学博士号取得、更にスウェーデンの名門ウプサラ大学平和紛争研究所で学術博士号(Ph.D.)取得。ストックホルム大学日本学部助教授、CPAS所長兼教授等を経て現職。明治学院大学国際学部および関西学院大学総合政策学部客員教授。2005年ハワイの東西センターPOSCO Fellow。研究領域は、軍縮軍備管理、核不拡散問題、アジア地域安全保障問題(中国戦略、北朝鮮核問題、台湾海峡危機など)と信頼醸成構築、紛争予防・紛争解決、防衛技術研究開発の国際化と技術移転、日米同盟と日本の防衛政策の変遷の分析、ミサイル防衛と核抑止戦略の変遷、など学際的で多岐にわたり、論文執筆の傍ら、欧州・アジア各地の国際会議・研究機関に度々招聘され多数の発表報告。 英国王立国際戦略研究所 (International Institutefor Strategic Studies (IISS) 会員、パグウォッシュ会議(Pugwash Conferences on Science & World Affairs; バートランド・ラッセル卿とアルバート・アインシュタインにより1957年に創設された核廃絶を目指す科学者会議、1995年ノーベル平和賞受賞)会員、スウェーデン・パグウォッシュ・グループ委員(議長は1991-97年に対イラク国連大量破壊兵器廃棄特別委員会 UNSCOM委員長を務めた Ambassador Rolf Ekéus)。(詳細な履歴書

ストックホルム大学・公式プロフィール

http://www.statsvet.su.se/homepages/masako_ikegami.html

主要論文・出版

単著

  • Ikegami-Andersson, Masako(1992) ‘The Military-Industrial Complex: The Cases of Sweden and Japan’ Dartmouth Publishing: Aldershot/Brookfield USA/HongKong/Singapore/Sydney, 143 pages.
  • Ikegami-Andersson, Masako (1998) Military Technology and US-Japan Security Relations:A Study of Three Cases of Military R&D Collaboration, 1983-1998, Department of Peace and Conflict Research, Report No. 51, Uppsala University, 203 pages
  • 池上雅子 (1996)『新しい安全保障』東京大学大学院人文社会系研究科博士論文

共著

  • Ikegami, Masako (2009) ‘China’s Grand Strategy of ‘Peaceful Rise’: A Prelude to a New Cold War?’, Hsin-huang Michael Hsiao & Cheng-yi Lin (eds) The Rise of Chin: Beijing’s Strategies and Implications for the Asia-Pacific, London: Routledge, pp. 21-54
    http://www.routledge.com/books/details/9780415468824/
  • Ikegami, Masako (2008) ‘The European Union’s Progressive Foreign Policy and Role in Preventing Cross-strait Conflict’, Steve Tsang (ed.) Taiwan and the International Community, London: Peter Lang Ltd, pp. 133-152
  • Ikegami, Masako (2007) ‘The Risk of Cross-Strait Conflict and the Role of the European Union in Conflict Prevention’, Bo Huldt & Masako Ikegami, et. al. (eds) Strategic Yearbook 2007: China Rising – Reaction, Assessment and Strategic Consequence –, Swedish National Defence College & Finnish National Defence University, pp. 255-282.
  • Ikegami-Andersson, Masako (1998) ‘Japan’, in R. Pal Singh (ed.) Arms Procurement Decision Making, Vol. 1: China, India, Israel, Japan, South Korea, and Thailand. Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI), Oxford: Oxford University Press, pp. 131-176.
  • Ikegami-Andersson, Masako (1993) ‘Japan: a Latent but Large Supplier of Dual-use Technology’, in Herbert Wulf (ed.) Arms Industry Limited, Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI), Oxford: Oxford University Press, pp. 320-344.
  • 池上雅子「解説」萩原遼『金正日 隠された戦争』文春文庫、2006年 pp. 329-335(抜刷りPDF版
  • 池上雅子「制御と誘導:もうひとつの北朝鮮政策」杉田米行編『どうする北朝鮮関係:環太平洋の視点から』リベルタ書房、2004年 pp. 200-29
  • 池上雅子「グローバル化時代の平和と安全:近代安全保障概念を超えて」武川・山田他共編『現代社会学における歴史と批判』、東信堂、2003年 pp.3-12

雑誌論文、論説

  • Ikegami, Masako (2009) ‘Searching for a Common Ground of Docdo/Takeshima Island Issue: Learning from the Alanda model’, The Journal of East Asian Affairs, Vol. 23 (September 2009), Institute for National Security Strategy, Seoul
    http://www.inss.re.kr/app/board/view.act?metaCode=en_m_pub&boardId=e40e0b367566ae12d911dd89&pkey=2
  • Ikegami, Masako (2008) ‘Time for Conflict Prevention Across the Taiwan Strait’, China Brief, Volume 8, Issue 7 (March 28, 2008), the Jamestown Foundation
    http://www.jamestown.org/single/?no_cache=1&tx_ttnews[tt_news]=4822
  • Ikegami, Masako (2007) ‘NATO and Japan: Strengthening Asian stability’, NATO Review, Partnerships: Old and New (summer 2007)
    http://www.nato.int/docu/review/2007/issue2/english/art4.html
  • Ikegami, Masako (2006) ‘Asia in Global Security – An Epicentre of New Instability–’, High-level Event for SIPRI’s 40th Anniversary, Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI)
    http://anniversary.sipri.org/HLE/masako.html
  • 池上雅子「 北朝鮮・モンゴル・ミャンマーに見る中国が展開する擬似「満州国」政策」『中央公論』2010年4月号、pp. 162-173(抜刷りPDF版
  • 池上雅子「さらなる核軍縮リードを:冷戦終結20周年、改めて問われる日本の役割」毎日新聞2009年9月17日11面(PDF版記事
  • 池上雅子「 北朝鮮・モンゴルに見る中国の擬似「満州国」政策」GPI Brief, June 2009, Number 10, Special Edition, pp. 8-10
  • 池上雅子「原爆投下60周年:人道主義の原点に返って」『VIEWS』2005年秋号掲載記事」
  • 池上雅子「 制御と誘導:もうひとつの北朝鮮政策 」『政策空間』 Vol.3 2003.6, pp.10-11
    http://www.policyspace.com/2003/06/post_139.php
  • 「ストックホルム大学池上雅子教授に聞く  領土問題  オーランド諸島紛争にヒント」北海道新聞2006年10月20(PDF版記事

2010-10-10 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ