GPI政策羅針盤ワークショップ(第1回)

「震災後の日本社会の再設計を考える」シリーズ第1弾

ワークショップテーマ:日本社会の再設計における政策優先性の鍵とは

日時
2011年4月28日(木)18:15~20:00
会場
東京・日々谷近郊
参加費
500 円 (軽いお飲み物とおつまみをご用意いたします)

ご参加いただける方は、お名前、ご所属を添え、
info@gpi-japan.netに宛てにメールでお知らせください。場所の詳細について、追ってご連絡さしあげます。

予定プログラム

18:00開場
18:15~20:00

フレーム1:震災教訓・復興重点分野を考える

「情報」の視点から
野呂尚子(科学技術振興機構社会技術研究開発センター アソシエイト・フェロー)
東日本大震災・福島原発事故の教訓と課題~「情報」の視点から~
「経済」の視点から
多田幸雄(双日総合研究所代表取締役社長、CEPEX理事長)
「エネルギー」の視点から
唐沢敬(立命館大学名誉教授、東京国際大学国際教育プログラム顧問、GPI顧問)
危機の時代のエネルギー政策

フレーム2:再設計のための社会システムを考える

「市民社会と日本社会新興」の視点から
鈴木崇弘(城西国際大学大学院人文科学研究科国際アドミニストレーション専攻客員教授、GPI顧問)
GPI政策羅針盤ワークショップメモ
「行政、社会経済システム」の視点から
保井俊之(應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授)
9-11と3-11:ふたつのメガリスク対処

司会:清水美香(米国東西センター、GPI共同ディレクター)

2011-04-24 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ