第5回 GPIラウンドテーブル(ワシントン)

経済同友会米州委員会の意見書「新しい日米関係構築」

日時
2008年12月12日(火)18:00~20:00
会場
CSIS戦略国際問題研究所(4階会議室)
(1800 K Street, NW, Washington, DC 20006 U.S.A.)

ラウンドテーブル終了後、Sichuan Pavilion(中華レストラン)にて懇親会を開催します。出席登録は、当日正午までに氏名・所属を明記の上、pranj3@gmail.comまでご連絡下さい。なお、本ラウンドテーブルは、「オフレコ」とさせていただきます。

スピーカー
岡野 貞彦(経済同友会・副理事・執行役)
浅野 貴昭(経済同友会・政策調査マネージャー)
コメンテーター
若林 秀樹(CSIS 戦略国際問題研究所・日本部・客員研究員)
小紫 雅史(在米国日本国大使館・一等書記官 環境問題担当)
モデレーター
中嶋 圭介(GPI共同ディレクター)

参加者略歴

岡野 貞彦(経済同友会・副理事・執行役)
中央大学商学部経営学科卒業後、経済同友会事務局入局。主事として企画調査(国際経済)を担当した後、米国イリノイ大学経済学部より政策経済学修士号取得。帰国して同友会に復帰し、主事(国際事業=欧州・ロシア担当、兼企画調査=経済政策・政治担当)、参事(国際担当)、参事(企画調査・代表幹事関連担当)、副理事兼企画部長等歴任。05年5月より現職。
浅野 貴昭(経済同友会・政策調査マネージャー)
東京大学文学部社会学科卒業後、株式会社日本航空に5年半勤務。その後渡米して、ニューヨーク大学大学院で政治学修士号取得。01年8月より、日本政策投資銀行ワシントン事務所勤務(シニアリサーチアナリスト)。帰国して05年6月より現職。
若林 秀樹(CSIS 戦略国際問題研究所 客員研究員)
早稲田大学商学部卒、ミシガン州立大学院農学部修士課程終了。80年よりヤマハ(株)勤務、労組役員を経て93年より在米日本大使館1等書記官として政府開発援助(ODA)と日米協力を担当。帰国後、電機総研副所長を務め、01年民主党比例区で参議院議員に初当選。在職中、「次の内閣」経済産業大臣・財務副大臣、国際局副局長を歴任。さらにイラク、シリア、イラン等を訪問し安全保障、復興支援、核問題等幅広く国際問題に取り組む。08年3月より現職。
小紫 雅史(在米国日本国大使館・一等書記官)
一橋大学法学部卒業後、環境庁(現環境省)入庁。自動車税制のグリーン化やレジ袋の有料化、日本で初めての環境自主協定の創設などに従事。03年、シラキュース大学公共経営大学院修了(MPA/MA)。帰国後、「環境省を変える若手の会」「中間法人プロジェクトK」を立ち上げそれぞれ代表・副代表に就任し、日本の将来像と霞が関改革の具体案を発表。07年2月より現職。主に米国の気候変動政策に関する業務に従事。

本ラウンドテーブルは、CSIS日本部と政策海外ネットワーク(PRANJ)の後援によって開催されました。発表者は、それぞれ個人的な意見を表明するものであり、各人の所属する組織の公的な立場・見解を表すものではありません。

2008-12-12 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ