第11回 GPIラウンドテーブル(ワシントン)

グローバル課題・パネル・ディスカッション・シリーズ・Part3
グローバル・エイジングと都市化

日時
2009年10月22日(木)18:00~19:30
会場
CSIS戦略国際問題研究所(5階会議室)
(1800 K Street, NW, Washington, DC 20006 U.S.A.)

近年、グローバル化の深化によって国・地域間の相互依存がますます強まる中、伝統的に国内政策の枠組みで捉えられてきた政策課題も、国や地域を越えて相互に伝播する意味合いを持つことが認識され始めた。人口動態の変化もこの例外ではなく、地域や地球規模の影響に対する取り組みが始まる中、「グローバル・エイジング」という言葉も生まれてきた。本セッションでは、中でも新興国の高齢化と、同じく著しい進行が続く都市化が織り成す複雑且つ深刻な経済社会問題に焦点を当て、ミクロとマクロの視点、すなわち、高齢者の暮らしの視点と経済社会制度の視点から現状と課題、先進諸国への意味合いについて議論する。

発表者
清田 英巳(高齢者環境コンサルタント)
討論者
中嶋 圭介(GPI共同ディレクター・CSIS戦略国際問題研究所世界高齢化研究部 主任研究員)
司会進行
清水 美香(GPI共同ディレクター)

参加者略歴

清田 英巳(高齢者環境コンサルタント)
Emi Kiyota, Ph.D. is an environmental gerontologist, and provides consulting service for aged care facilities and architecture firms to improve quality of care through operational and environmental transformations. She has published journal articles and book chapters across the globe. She also has international consultation experiences for pre-design programming for senior housing and addiction treatment centers. In addition to working over the past three years on an age valued community projects in Sri Lanka, Bhutan, and Ivory Coast as project strategist, she has a great deal of expertise in person-center care, including consultation on the design manual for the Green House Replication Project and The Eden Alternative and is particularly interested in the relevancy and application of person-centered care from cross cultural perspective.
中嶋 圭介(GPI共同ディレクター・CSIS戦略国際問題研究所世界高齢化研究部 主任研究員)
Keisuke Nakashima is assistant director and fellow with the Global Aging Initiative (GAI) at CSIS. His research interests include the economics of population aging and social security reform, and he is the author of numerous articles on aging trends in East Asia. He recently coauthored China’s Long March to Retirement Reform (CSIS, 2009); Meeting Japan’s Aging Challenge (Keidanren-USA, 2008); and The Aging of Korea (CSIS, 2007). He began his tenure at CSIS in October 2002 as a research intern with GAI and was subsequently promoted to research assistant in August 2003, to research associate in November 2004, and to his current position in January 2009. Nakashima holds an M.A. in international relations from the Maxwell School of Citizenship and Public Affairs at Syracuse University and a B.A. in Anglo-American studies from Kobe City University of Foreign Studies.

本ラウンドテーブルは、CSIS日本部と政策海外ネットワーク(PRANJ)の後援によって開催されました。発表者は、それぞれ個人的な意見を表明するものであり、各人の所属する組織の公的な立場・見解を表すものではありません。

2009-10-22 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ