GPI 2010 東京フォーラム

対内・対外政策の戦略的融合

概要

主催
グローバル政策イニシアティブ(GPI)
共催
城西国際大学大学院国際アドミニストレーション専攻
協賛
CEPEX
後援
国際交流基金CGP
BNJ
日時
2010年11月27日(土)13:00~17:00(開場12:30)
会場
城西国際大学東京紀尾井町キャンパス
東京都千代田区紀尾井町3-26(地図
資料・コーヒー代等
2,000 円(学生1,000 円)
フォーラム出席登録
このページ下部ボタンから登録フォームへ
受付締め切り:11 月26日(金)12時
お問い合わせ
info@gpi-japan.netまで
大学へのお問い合わせは一切ご遠慮くださいますようお願いいたします
お知らせ
フライヤー

プログラム

プログラム(日本語版)

Program(English ver.)

12:30 受付開始
13:00 – 13:10 開会
進行:野呂 尚子(GPIアシスタントディレクター・科学技術振興機構)
小池 洋次(GPI顧問・関西学院大学教授)
清水 美香(GPI共同ディレクター・米国東西センター客員研究員)
13:10 – 14:50 GPI「政策羅針盤」会議・キックオフラウンド:「日本の成長戦略と課題」
GPI2009東京フォーラムでは、政策市場・産業を促し、様々な政策形成基盤の欠如を補い、基盤構築の取り組みを進めることが急務であることが再認識された。それを進めるためには、継続的に、国家政策優先性を明確にし、それに基づいたリソース配分と政策実施の検証のためのプラットフォームが必要であるという認識に立ち、GPIは、サブネットワーク(GPI-S Net)「政策羅針盤」会議を立ち上げる。そのキックオフラウンドとして、本パネルでは、「日本の成長戦略と課題」に焦点を当て、外交・安全保障、経済、エネルギー・環境、財政、の主に4つの分野における成長戦略の現状と課題に沿って、議論を行う。そこでの議論を通して引き出されるインプットを、「政策羅針盤」会議の第一弾としてとりまとめる。
ファシリテーター/スピーカー/コメンテーター
鈴木 崇弘(城西国際大学客員教授)、古賀 慶(米国・タフツ大学博士候補・RSIS-MacArthur 客員研究員)、田中 秀明(政策大学院大学客員教授)、中林 美恵子(衆議院議員・CEPEX副理事長)、小池 政就(東京大学特任助教)、 岡野 貞彦(経済同友会副理事・執行役)、古川 勝久(科学技術振興機構フェロー)他
資料(古川 勝久)
14:50 – 15:20 コーヒーブレイク
BNJとのコラボレーション「次代政策ダイアローグ」
司会:間中 健介(BNJ/政策過程研究機構)
スピーカー:小黒 一正(一橋大学経済研究所准教授/RIETIコンサルティングフェロー)
福田隆之(株式会社野村総合研究所 公共経営戦略コンサルティング部 主任研究員)
15:20 – 17:00 第二部 国際交流基金CGP助成
「グローバル・ヘルス&グローバル・エイジングと移民問題」プロジェクトワークショップ
「外国人労働者をより良く受け入れるための政策選択肢とは:日米知識共有」
GPI が 2010 年度、国際交流基金日米センター・CGP(Center for Global Partnership)の助成を受けて実施している「グローバル・ヘルス&グローバル・エイジングと移民問題」プロジェクトに基づき、「外国人労働者をより良く受け入れるための政策選択肢とは:日米知識共有」をテーマに議論を行う。同プロジェクトでは、如何に(How to)より良く受け入れるかに焦点を当て、
  1. 国内・国外間の知識の融合
  2. マクロ・ミクロレベル間の知識の橋渡し
  3. 専門枠を超えた知識の融合
を目的としている。特に、本パネルでは、この研究プロジェクトの中間報告を通して、市民対話を含めたセッションを進める。
ファシリテーター/スピーカー/コメンテーター
清水 美香(米国・東西センター客員研究員)、上岡 直子(米国 NGO CRS 上級教育アドバイザー)、清田 英己(米国 NGO IBASYO 代表)、江原 裕美 (帝京大学教授)、Robyn Stone(米国・Institute for Future of Aging Services 執行役員 /元クリントン政権保健福祉省副次官補)、上野 真城子(関西学院大学教授)
資料(清水 美香)
17:00 – 17:10 閉会
多田 幸雄(CEPEX理事長)
GPIフォーラム2010運営メンバー

GPI 2010 東京フォーラムに参加登録する

GPI(GLOBAL POLICY INITIATIVE)とは?

「民が関わる政策活動をより具体化する仕組み創り」をミッションとして、2007 年7 月に創設された政策ネットワーク。日本・米国・欧州在住の政策研究者・実務家を縦横に繋ぐ。グローバル化の深化と公共政策の関係に主眼を置き、世界各地の研究者・実務家の経験と知識を有機的に体系化し、日本の政策インフラ創り、ひいてはグローバル社会に貢献することを目的とする。

GPI フォーラム2010 運営メンバー / グローバルネットワーク

清水 美香(GPI 共同ディレクター・米国東西センター) / 古賀 慶(GPI アシスタントディレクター・米国タフツ大学・RSIS-MacArthur 客員研究員)、野呂 尚子(GPI アシスタントディレクター・科学技術振興機構) / 五十嵐 千恵(GPI 事務局代表・マンスフィールド財団)、鈴木 崇弘(GPI 顧問・城西国際大学) / 小池 洋次(GPI 顧問・関西学院大学) / 上野 真城子(GPI 顧問・関西学院大学)
サポーター:吉田 貴之・野村 唯彦・恩地 美雪・磯部 龍太郎
この他、世界各地在住の政策エキスパート、フェロー、実行委員、一般メンバー約300 名から成る。

2010-11-19 - posted by nowebnolife

この投稿へのコメント

  1. コメントはありません。

コメントフォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ