2009 1月

第6回 GPIラウンドテーブル(ワシントン)

本ラウンドテーブルでは、米国NPO法人センター・フォー・プロフェッショナル・イクスチェンジ(CEPEX:多田幸雄理事長) より今月出版された『オバマのアメリカ・どうする日本 – 日本のヒューマン・パワーで突破せよ!』(三和書籍)の共著者・編者をお迎えして、オバマ新政権と日米関係の行方、その中で、民間の活力の重要性とその活かし方についてお話しいたただきます。なお、当日は、同書籍の即売会もかねております(1部$20)。部数に限りがございますので、予めご了承下さい。

詳細
GPI Brief(2009年1月第8号)

オバマ政権の東アジア外交が志向するもの(渡部 恒雄)、世界金融危機と日本の雇用政策(和田 絵里香)、食料安全保障に向けて – データ活用の視点から(松村 寛一郎)、官民共同で最大の開発効果を狙う(文室 慈子)

詳細